今日から週末まで東京支社での業務となります。
今週は過密スケジュールでフル回転です。
分刻み状態で、体力的にも精神的にも極限に近いものがあると思うのですが、
痩せないんですよね。食欲低下の気配も無く、何食べても美味しいし・・・。

精神的に・・・、といえば、昨日は第7期定時株主総会でした。
久々に緊張してしまいました。
講演とかに招いて頂いて大勢の前でお話しても、慣れてきたのか?余り緊張もせず平気な方ですが、昨日の株主総会は緊張してしまい口の中に心臓がある感じでした。
写真の前方中央に立っているのが私です。口の中の心臓、見えませんか???

 

081029-01.jpg 

 

冗談はさておき、会社を代表する者として身の引き締まる思いでもありました。
株主の皆様の信頼と期待にお答えできる様、また存在価値のある企業として認めて頂ける様に全身全霊を込めて頑張り抜こう!と、改めて意を決した一日でもありました。

 

081029-02.jpg 

 

そして夜。
投資頂いているVCの皆様が、株主総会で新たに選任した取締役2名の壮行会を開催して下さいました。VCの皆様、本当にありがとうございます。
ベンチャーキャピタルから投資を受けた事を、私は心から良かったと思っております。
それは単なる資金調達だけでなく、経営を安定化していくためや成長させていくためのあらゆるリソースを注入して頂き、明らかに短期間で会社としてのステージアップが図れたと感じられるからです。

1人の力では限界がある、1社だけの力でも限界がある。
株主総会という区切りの日を経て、人と人との繋がり、会社と会社の繋がりを大切にしていく事の重要さを改めて反芻した一日でもありました。

そこで、私が竹を研究し竹に教えられた事をお話しして終わりたいと思います。
竹は、あのひょろりと伸びる竹は決して折れる事はありません。
どんなに風が強くても決して倒れる事もありません。
また、どんなに強風に吹かれて風になびいても、風がやむと、天を貫くが如し、空に向けてまっすぐに伸びる。それは何故か?
それは竹の根っこは地下茎で繋がっているからです。根っこが地下茎で縦横に繋がっているから、どんなに強い風が吹いても倒れない。
また、竹には節々があるからどんなに強い力がかかっても、決して折れない。竹の強さは地下茎と節々にあります。


私はこの竹に見習った経営を心がけたいと思っております。
自社の得意分野を更に拡充するために、そして苦手分野は補強するために様々な分野のあらゆる会社や人とネットワークを持ち、まさしく縦横に繋がる竹の地下茎の如く手を結び合い、相互に助け合い、高め合う関係を構築する事。
また、どんな厳しい試練や克服すべき経営課題も全社一丸となり全身全霊で立ち向かう。試練や課題から目を背けず、1歩も逃げず真正面から挑み克服していくことは、会社としての成長と強さが生まれてきて、事業の継続や成長を可能としていくのだと思います。
この経営課題つまり節々を、1つ1つ克服していく事で堅牢で柔軟、そしてまっすぐに伸び、どんな風が吹こうとも決して折れない企業体として成長していけるという事、これが竹を研究し竹に教えられた私の哲学であり人生であると思っています。

やってしまいました!
前回のブログで「続きは明日」と書いて中断したのに、気がつくと3日も経ってました。
血液型O型の大雑把な私です。ごめんなさい。m(_ _)m



私は高校2年生の時に大病を患って死の淵をさまよったことがあります。
そして絶望と恐怖の中で2年間に及ぶ入院生活を送りました。
その時に命の重たさを思い知りました。
死に行くものの無念さ・苦しさ、そして見送るものの辛さ・悲しさ。
特に私はこの命の極限の構図を小児病棟で体験しました

最愛の子供の死の床に立ち会わなければならない母親の絶叫の叫び、胸の張り裂けそうな悲しさが、峻烈を極める記憶となり私の胸にはびこっています。

私の命も2年持つかどうかと言われていたのが、奇跡的に病気を克服し、1度は諦めていた人生を、そして生きる時間を再び授かる事ができると確信した時、自分のこの命そして掛け替えの無い時間を、価値あるものとして活かせて生きたいと思いました。

そして、小児病棟での峻烈な体験から芽生えた思いは「次世代を担う子供たちのために母親として何を守ってあげられるのか」と言う事でした。

子供達に残してあげたいのは、託したいのは私達が祖先から託され、当たり前の様に授かった「住み易い地球環境と自然の恵み」そして「健康な体」です。

中でも入院中に随所で目にし、耳にした「食品添加物」や「環境破壊による人体への悪影響」はぞっとするものがありました。
新生児室で目にした赤ちゃんは目があるはずの場所に目がありませんでした。
わずか3歳で小児癌を発症した女の子は小さな体に何本ものチューブが入っておりました。
全身がアトピーで髪の毛も抜け落ち、指が腫れて曲がらない子もいました。
看護婦さんは食生活には注意を払いなさいよ。
食品添加物は体に蓄積していくから出来るだけ避ける様にするのよ。
食品添加物の恐さは 自分の体にすぐに影響が無くても 遺伝子が子供や孫の代で発症する場合もあるのよ、と。
この病院での体験と看護婦さんの言葉が、この後の私の人生に大きく影響しました。

小児病棟での入院生活の中で、重症の子供さんの付き添いのため病院で寝泊りする何人かのお母さん達と知り合いになりました。
この時気付いたのが、どのお母さんも同じ様な思いを胸に秘めて苦しんでいると言う事でした。
「この子がこんな病気になったのは、食生活が悪かったのだろうか?私がもっと注意していればこの子を守れたのではないか?」という、とても切ない悲しい、胸が張り裂けるような悲鳴に近い叫びでした。
小児病棟という命の極限の中で、この様な痛烈な叫びをあげるお母さん達の声を何度も何度も耳にした事が、以後の私の《食の安全性》に対するこだわりとなりました。

そして「私は、もう2度とこんな辛い苦しい病気にかかりたくない」「もし私が人の親となった時に、この小児病棟で出会ったお母さん達の様な胸の張り裂ける様な悔恨の叫びは、絶対にあげたくない!」
これが峻烈な思いとなり、私の中にどんどん、どんどん根を張っていき、そして、これがタケックス・ラボの事業に繋がってきたのです。



おっと! 時間切れとなりました。
これから経営会議です。
気合入れてうりゃ~!っと捌いてきます。

「社長!ブログ更新できていませんよ!!」と、そろそろ経営企画室のT女史からチェックが入りそうなので、やばい!やばい!と思っていたら、投資頂いているJ社のM女史から「うさぎブログ、毎日見ますよ~!」とのメール。
「あうっ!・・・まっ毎日?」  と、言う事で微妙なプレッシャーの中、ついにブログデビューとなりました。   Mさん、やるわ!! ついに。

で! 本日正式スタートなので「夢を持ち、それを実現するために挑んでいく事の価値」について真面目に語ってみたいと思います。

このブログをご覧の皆さんはどの様な夢をお持ちですか?
その夢を実現するために何を実践されていますか?
「夢は夢見て憧れるものだから実現のために何か?なんてしていないよ」といわれる方もおられるかも知れません。
「夢を実現するために時間を惜しんで頑張っているのよ」といわれる方もおられるでしょう。
「そんな時間はないよ!」とか、「めんどくさー!」といわれる方もいるでしょう。

ここで私がお話したかったのは何もしなければゼロです。
でも夢の実現に向けて努力をすれば必ず夢は叶うというものではありませんが、そのプロセスで必ず得るものがあるはずです。決してゼロではありません。

私の夢は何か?私には壮大な夢があります。その夢を実現するために目標があります。
どんな夢か?タケックス・ラボが「竹の研究を通して、世界の人々の健康に貢献する存在価値のある企業になろう!そして世界に通用する研究開発型の国際企業に育てよう!」と言う事です。

この夢を実現させるには余りにもハードルの高い困難な夢でもあります。
また実現の可能性も決して高い訳ではありません。
むしろ「それは大変やで!」と誰もが口を揃えるほど難易度の高い夢です。
それでも私の夢は、この目標から一切ぶれる事無く、この夢を実現するために貫き通してきました。
昭和58年に竹の研究を始めて気がつけば25年、ひたすら走り続けています。
「夢を持ち、それを実現するために挑んでいく事の価値」を信じて、挑戦し続けています。

何故、諦めないのか?
それは私の体験から必然的に固まった思いでもあります。

どんな体験か?       続きは明日にしましょう( ^ ^ ) v

タケックス・ラボの清岡です。こんにちは( ^ ^ )

タケックス・ラボのホームページのリニューアルとともに、社長BLOGページがオープン致しました。
日々の由無し事を更新していくつもりです。

ホームページリニューアルのプロジェクトを取り仕切った経営企画室から「ちゃんと更新してくれないと困りますよ!!!」と厳しく言い渡されています。( ^ ^ ;)
昔から日記って3日と続いた事がないんですよね・・・。

毎日書く事より、継続する事が大事なんだと自分に言い聞かせ継続できるように頑張ります!!

プロフィール

清岡 久幸(きよおか・くみ)

9月7日 高知県生まれ
うさぎ年 おとめ座

病気の為、高校を中退。父親の会社に入り、竹の研究を始める。その後父の会社の倒産、出産、離婚を乗り越え、02年、フードテックス設立(現・タケックス・ラボ)。
07年、日経ウーマン主催のウーマン・オブ・ザ・イヤー リーダー部門に入賞。