最近、パソコンばかりで字を書く機会が激減したためか?

漢字の書き間違いや読み間違いがあり、よく指摘されています・・・。

 

指摘されても、

   「麻生総理にもよくある事だしー!

     気にしない~~気にしない~~(^^)」

と、軽く流していました・・・。

 

 

ところが先日、大いに反省する出来事がありました。

 

ある企業に招かれてプレゼンさせて頂いた時の事です。

 

10数人の役員様や幹部の皆様の前で事業説明や商品説明をさせて頂き、質疑応答に入りました。

 

質疑応答のキーワードの中に「団塊の世代」という言葉があり、これに答えるつもりで発した私の言葉、そして漢字の読み間違い・・・。

 

「団塊(かい)の世代」 を 「団塊(こん)の世代」 と読んでおりました。

 

しかも指摘されるまで気づかず、会議室は爆笑の渦に呑み込まれてしまいました。

 

 

恥ずかしい・・・。 恥ずかしい・・・。

穴があったら入りたい・・・。。。

 

 

清岡久幸は暫らく引きこもります(_ _)

恥ずかしいので、うさぎ穴に暫らく引きこもらせて頂きます。

 

 

タケックス・ラボ営業の皆さま。

 

私のプレゼンの後に某企業に営業にお伺いして、爆笑されても気にしないで下さい。

犯人は私です・・・。

でも凄くインパクトのあるプレゼンであったと思います。

 

あとは宜しく!

健闘を祈る。。。      アーメン m(--)m

 

 

 

 

 

 

本日、中小企業基盤整備機構の主催で

「新事業を育む新連携」というテーマのイベントで講演をさせて頂きました。

 

  P1000854.JPG 

  

 新連携とは、

その事業を異にする事業者が有機的に連携し、その経営資源を有効に組み合わせて新事業活動を行うことにより、新たな事業分野の開拓を図り事業推進するための経済産業省の支援制度です。

 

タケックス・ラボも約1年前に新連携の認定を受け、様々な支援制度を活用させて頂きながら事業推進を図っております。

 

弊社も同じですが、殆どのベンチャーは

今日を生き残りたい! 明日も生き続けたい! 明後日も生きるんだ!という経営環境下で新事業を創出しチャレンジしています。

 

その過程では次々に難局が発生します。

 

それを企業の連携体を構築する事で、相互に経営資源を補完し合い、手を結び合って支え合って難局を打破し事業を成長させていく、そのための支援制度であり、ベンチャーには大変有難い制度です。

 

 

P1000865.JPG 

 

定員250名の会場でしたのでチョッと緊張してしまいました。

 

やっぱり講演するのより聴く方が良いです。。。

 

他の皆様の講演を聴かせて頂いて大変刺激になり、勉強になりました(^^)

 

中小企業基盤整備機構様、この様な機会を頂きありがとうございましたm(^^)m

また、ブログ更新怠けてしまいました。。。

気が付くと2月も半ばです。異動の時期です。

 

大変、寂しい知らせが立て続けに3件もありました。

 

全てタケックス・ラボに投資頂いているベンチャーキャピタルの担当の方からの知らせです・・・。

 

はじめにMキャピタルのKさん。

次にSキャピタルのUさん。

最後にJキャピタルのMさん。

 

みなさん、異動になってしまいました。

 

私にとって掛け替えのない方々でした。

いつも心配してくださり、いつも力を貸してくださり、いつも一緒に汗をかいてくれました。

まさしく戦友でありました。

 

本当にありがとうございました。

みなさまの思いに応えられるように、何が何でも頑張ります!!

いつもウォッチしてて下さいm(^^)m

 

 

 

プロフィール

清岡 久幸(きよおか・くみ)

9月7日 高知県生まれ
うさぎ年 おとめ座

病気の為、高校を中退。父親の会社に入り、竹の研究を始める。その後父の会社の倒産、出産、離婚を乗り越え、02年、フードテックス設立(現・タケックス・ラボ)。
07年、日経ウーマン主催のウーマン・オブ・ザ・イヤー リーダー部門に入賞。