「卒業式」

2010,02,28

 

我が家の放し飼い君が高校を卒業しました。

 

 

 

 

 

長いようで、

あっ!いう間に経った18年、

母子家庭という事もあり想いは一入。

 

 

 

 

この18年のいろいろな出来事が

走馬燈のように蘇っていく。

 

 

100227_111613.jpg 

 

卒業式では、

息子が入場して来た瞬間から、

 

 

 

泣くまいと歯を食いしばり続け、

何とか持ち堪えたものの・・・。

 

 

 

 

 

卒業生が退場するときの一瞬、

涙で視界が曇り・・・。

 

 

 

 

 

ベストショットになるはずの一瞬を逃してしまい、

 

 

 

撮れたのは通り過ぎた瞬間の

 

息子の肩の一部でした・・・。

 

 

 

100227_112145.jpg 

 

息子よ・・・。母は・・・、

 

 

 

 

 

 

 

「また、やっちゃた~・・・。

 

       ごめん!m(_ _)m 」

 

「出会い」

2010,02,23

 

 

いろいろな人との出会いは、

掛け替えのないものである。

 

 

 

 

 

特に、

事業で成功された方からのお話は、

とても勉強になる。

 

 

 

 

 

「その人がなぜその結果を得ることが出来たか」を

考える機会が得られる。

 

 

 

 

 

なぜ、

というのは何をやったかだけでなく、

 

 

 


なぜそれをやったのか。

 

なぜそれをやるに至ったか。

 


なぜそれをやらなければならなかったのか。


どうやってそれを思いついたのか。

 

そして、どうやってそれを実行できたのか。

 

 

なぜ、それを成し遂げる事が出来たか。

 

 

 

 

 

 

 

では、私の場合はどうか?

 

 

 

 

 

自分と向き合うきっかけとなる。

 

 

 


出会いに感謝。

 

最近、気付いた事がある。

 

 

 

 

 

例えば、

数回しか行った事のない飲食店に訪れると

 

 

何故か?お店の方に「まいど~!!」と、

まるでお馴染みさんの様に扱われる?

 

 

 

なので、同伴している方からは

 

「この店の常連さんなのね?」

 

と誤解されてしまう・・・。

 

 

 

 

 

でも実際は2回目だったりする・・・。

 

 

 

 

 

何でだろ? と、友人に聞くと何故か即答。

 

 

 

(^^)「そりゃあ~、

     原因は「ねぎ!」じゃない?」

 

 

(^^;)「ねぎ? ねぎのどこが悪いん?」

 

 

(^^)「だって、あんたお寿司屋さんに行って

     「芽ねぎ」のにぎりばっかり頼むやん。

 

      芽ねぎの連発やん。

 

      おでんやさんは「ねぎ袋」の連発やし。

 

      焼肉屋では「ねぎ焼き」

 

      蕎麦屋に行くと「ねぎ大量盛り」

 

      そりゃ~、インパクト強いよ~。

      

      変なお客だもの」

 

 

 

 

 

(^^;)「・・・。だって大好物だもん」

 

 

 

 

 

と、言う訳で

 

決して常連のお店が至る所に在る訳では

 

ございませんですよ~(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の自分があるのは、

過去に自分が決断し行なってきた事の結果であり、

今、決断し行動している事の結果ではない。

 

 

 

 

 

未来の自分のために今がある。

 

 

 

 

 

今の自分に悔いはないか?

 

今の自分に満足か?

 

 

 

 

 

未来の自分に自信が持てるか?

 

 

 

所用があって吹田市役所に行きました。

 

 

 

市民課で書類の交付を待ちながら、

ロビーを漂っていると、

展示コーナーのショーケースの中に

タケックス・ラボの製品が展示されていました。

 

 

 

 

びっくり!! 

 

 

  

 

有り難い事です。

 

展示して頂いている事を知らなかったなんて、

大変失礼しました。m(^^)m

 

 

 

吹田市役所.jpg 

 

 

心の中にぽっ!と嬉しい灯が点りました(^^)

 

 

 

2週間に亘る

国内・海外での弾丸出張を

無事に終えて帰って参りました。

 

 

 

 

息つく暇も無いほどの超過密出張でしたが、

大変有意義な機会を持つことが出来ました。

 

 

 

 

また、

2週間も会社を不在にするのは初めての経験で、

少し不安もありましたが、何のことはない。

何の問題もなく着々と機能しておりました。

 

 

 

 

営業担当役員と管理担当役員がしっかりと

攻めと守りの部分を束ねてくれているので、

この上もなく安定感と有難さを感じます。

掛け替えのない存在です。

 

 

 

 

 

この2週間、

多くの方々とお会いする事が出来ました。

 

 

 

 

 

社内に居れば、当然の事ながら、

主観的に思考を巡らせてしまいます

 

が、会社を離れ、様々な方々と面談させて頂き、

客観的な感想やご意見に触れると、

 

思考のポジショニングを

客観的に置く事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

何処にボトルネックがあるのか?

 

また、どの方向に進むべきで、

そのために解決すべきことは何なのか?

 

何を求められていて、

それに対し、今何をすべきなのか?

 

 

 

 

機会の許す限り、

自社と距離を置く時間を持ち、

客観的に思考を廻らせてみる事は、

経営者として大変有意義であると思いました。

 



プロフィール

清岡 久幸(きよおか・くみ)

9月7日 高知県生まれ
うさぎ年 おとめ座

病気の為、高校を中退。父親の会社に入り、竹の研究を始める。その後父の会社の倒産、出産、離婚を乗り越え、02年、フードテックス設立(現・タケックス・ラボ)。
07年、日経ウーマン主催のウーマン・オブ・ザ・イヤー リーダー部門に入賞。