「 考 動 」  

2012,01,17

事業を変革していく時、

経営者として発揮すべき勇気は、

「 考 動 」

 

 

 

現在、海外展開を推進している。

 

 

 

タケックス・ラボが

独自の技術で開発した製品を

海外市場で展開し浸透させていくには、

 

 

 

日本から浸透可能なコストで

打ち出さなくては波及力が減退する。

 

 

 

海外市場を見据えると、

 

新興国が

マーケットプライスリーダーとなっている。

 

 

 

メーカーとして

新興国基準のプライスに添えなくては

戦えない。

 

 

 

勇気を持って

「 考 動 」しなくてはならない時がきた。

 

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL:

プロフィール

清岡 久幸(きよおか・くみ)

9月7日 高知県生まれ
うさぎ年 おとめ座

病気の為、高校を中退。父親の会社に入り、竹の研究を始める。その後父の会社の倒産、出産、離婚を乗り越え、02年、フードテックス設立(現・タケックス・ラボ)。
07年、日経ウーマン主催のウーマン・オブ・ザ・イヤー リーダー部門に入賞。