事業を変革していく時、

経営者として発揮すべき勇気は、

「 考 動 」

 

 

 

現在、海外展開を推進している。

 

 

 

タケックス・ラボが

独自の技術で開発した製品を

海外市場で展開し浸透させていくには、

 

 

 

日本から浸透可能なコストで

打ち出さなくては波及力が減退する。

 

 

 

海外市場を見据えると、

 

新興国が

マーケットプライスリーダーとなっている。

 

 

 

メーカーとして

新興国基準のプライスに添えなくては

戦えない。

 

 

 

勇気を持って

「 考 動 」しなくてはならない時がきた。

 

 

11月19日に滋賀銀行さん主催の

「しがぎん サタデー起業塾」の

講師を依頼され、

 

時間のある時に準備をしておこう!と、

夜ごとにせっせと原稿を作っておりました。

 

 

 

 

そんな時、ふっと過ぎったこと。

 

 

 

 

私って・・・。

結構、こんな依頼多いよな~。。。

 

 

 

 

そこで思い出したのが、

 

2001年に大阪国際会議場で開催された、

日経新聞主催のシンポジウム、

 

「ベンチャー2001 関西飛躍の条件」に

 

上場企業の社長さんや大学教授に紛れて、

 

何故か?

私もパネリストとして参加して、

 

緊張で言葉を失った「あの事件」

 

 

 

 

それがトラウマになって、

人前で話するのが怖くて怖くて・・・。

 

 

 

 

これを克服するには

「場数を踏むことだ!!」と、

 

依頼された講演やプレゼンは

スケジュールが許す限り受けておりました。

 

 

 

 

場数を踏む事で、

慣れる!というか?

 

克服できる!というか・・・。

 

 

 

 

・・・で、そもそも何で?

克服しなければならないと努力したのか?

 

 

 

 

それは!

 

 

 

「IPO」したら

 

「IR」でのプレゼン力が重要!!

 

と、聞いたため。

 

 

 

それなら克服しなければと、

 

 

いつも!

怯む心を奮い立たせて

頑張りました!!!

 

 

 

まっ!!!

 

とにかく、

 

とっくに克服できていると思います。

 

 

 

 

で、肝心の「IPO」は?

 

 

 

 

「IR」も準備万端ですが・・・。

 

まだ必要ではありません。

 

 

 

 

 

はっはっはっはっ~~~

 

あっ!!! 顎が外れた。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・(((・・;) 

 

 

 

 

 

 

 

あたまポリポリ・・・(^-^ゞ

 

 

 

昨日は、

宮津市の井上市長と

近畿経済産業局を訪問した。

 

 

宮津市の

竹資源利活用に関する取り組みの件で、

情報交換が目的であった。

 

 

井上市長の熱い想いに心を動かされる。

 

 

新しいプロジェクトが動き出す。

 

 

全身全霊で応えていきたい。

着実に成果を出して行こうと心に決める。

 

 

 

 

一昨日、

台湾の国際会議場で、

プレゼンをするチャンスに恵まれました。

 

 

想像以上に大規模なイベントで、

台湾政府から中小企業庁長官や

経済産業副大臣も出席されておりました。

 

 

会場も立ち見が出るほど

活気に溢れていました。

 

 

まずは私が日本語でプレゼンし、

通訳の方が追っかけて翻訳という、

キャッチボール式で進行しました。

 

 

通訳の方が翻訳している間、

壇上で会場の様子が窺えます。

 

 

これには参りました。

 

 

会場の様子を観察していると、

じわじわと緊張度が上昇するのを感じます。

 

 

 

顔や耳が火照ってくるのが分かり、

心臓が口から飛び出しそうな感覚に

襲われます。

 

 

 

もっと、しっかりと!

 

プレゼンの練習をしていくべきだったと、

後悔の念念が増殖していくのを感じながら、

私の出番は終了してしまいました(;;)

 

 

え~ん。。。反省。。。

 

 

 

本日は株主総会でした。

 

毎年の事ですが、

株主総会 ⇒ 事業説明会 ⇒ 取締役会 と、

長~い一日であります!!

 

 

 

事業説明会では、

 

震災・津波や原発問題が大きな要因か、

 

タケックス・ラボ事業の

メインターゲットとなる市場の構図や

消費行動が大きく変化しており、

 

従来のビジネスモデルでは

停滞や減退感が拭えないため、

 

抜本的な構造改革と

長戦略の再構築を図り、

 

中期経営計画として発表しました。

 

 

 

我社には、

やる?やらない?の選択はない。

 

やるか、やるか、やるか!!です。

 

 

 

うりゃ~!っと、

やるぞ!やるぞ!!やるぞ!!!

 

 

 

ご出席下さいました株主の皆さま、

お疲れ様でした。

 

先月の台風の最中、

 

私は事業上の大型案件の経過報告と

事業戦略上のアドバイスを求めて

大株主であるVCの担当常務を訪ねた。

 

 

 

隔月で常務を訪問して、

 

タケックス・ラボ事業の状況報告や

事業戦略について説明させて頂くことは

私にとって貴重な機会であった。

 

 

 

 

何故なら、

「説明をする」という行為は、

自分自身に気付きの機会が

与えられるのである。

 

 

 

常務の質問から課題に気付き

 

常務のアドバイスで

計画のブラッシュアップが出来る。

 

 

 

したがって私にとって常務の存在は

「掛け替えの無い存在」であった。

 

 

 

 

ところが・・・。

 

 

 

 

いつものように訪問し

報告や説明が終わった時、

 

「今月末で別会社に異動になった」と、

教えられた。

 

 

 

 

一瞬、

常務の言われる意味が理解できなかった。

 

 

 

余りにも突然の異動。

ショックで・・・。

 

 

 

そして、

常務の存在の大きさに気付いた。

 

 

 

事業の進捗状況を常務に喜んで貰うことが、

隔月の私の目標となっていた。

 

頑張りの源泉になっていた。

 

 

 

その常務の異動は、

残念で、残念で仕方がない。

 

 

 

が、だからこそ常務に喜んで頂けるように、

 

しっかりと結果を出そう!と思う。

 

必ず、目標を達成させよう!!とも思う。

 

 

 

 

と、気持ちを奮い立たせながら、

 

一方で 凹んでいる私が居る・・・。

またまたブログ更新が滞ってしまった・・・。

 

 

怠けていた訳ではないけれど、

不器用な私ですから、

頭がブログモードにスイッチできず

時間だけが過ぎてしまった。

 

 

 

何故、

頭がブログモードに

スイッチできなかったかというと、

 

 

今月末が年度末のため、

暫らく中期経営計画書の作成に

没頭していたためである。

 

 

 

震災・津波や原発問題が大きな要因か、

 

タケックス・ラボ事業の

メインターゲットとなる市場の構図や

消費行動が大きく変化しており、

 

従来のビジネスモデルでは

停滞や減退感が拭えないため、

 

抜本的な構造改革と成長戦略の再構築が急務と考え、

 

そのための時間を費やしていた。

 

 

 

 

考えに考え、

情報収集し、

そして経営会議で激論を繰り返し、

またまた考えて方針を定めた。

 

 

 

役員一人一人と

これほどまで向き合って議論を交わした事はなかった。

 

 

貴重な時間を持てたと思う。

 

 

さて、これからが楽しみである。

 

 

 

うりゃ~!っと、

 

やるぞ!やるぞ!!やるぞ!!!

 

 

 

中国でも

目覚しい経済発展を遂げている省都の

トップ企業を訪問して参りました。

 

 

P4144305.JPG 

P4144304.JPG

 

孔子の生まれ育った儒教の聖地でもあります。

 

 

IMG_3983.JPG 

 

 

IMG_3991.JPG

 

昨年のご来社に応えての訪問です。

熱烈で盛大な歓迎を受けました。

 

 

 

P4144308.JPG

P4144323.JPG

 

P4144336.JPG

P4144376.JPG 

P4144387.JPG 

直接の会話は出来ませんが

言葉は通じなくても

3日間ともに行動し食事をすることで

人間関係が生まれます。

 

 

P4164389.JPG 

 

そしてタケックス・ラボ事業について

真剣に議論を交わすことで連帯感が生まれます。

 

 

 

P4164390.JPG

 

 

IMG_4010.JPGそこで感じたのは、

 

彼らの思考と行動の起源には、

孔子の博大な思想が

現在も脈々と生き続けていると言うこと。

 

 

 

言葉や商習慣の違いから

ビジネスパートナーとして推進していく過程には

様々な課題にも直面すると思います

まずは誠意をもって取り組みたい。

 

  

そして何よりも中国で、

人として尊敬し信頼できる仲間と共に

夢に向かって挑むチャンスを与えられた事に

心から感謝しています。

 

 

昨日は定時株主総会。

年に一度の経営の成績発表会。

 

 

この期はここ数年で最も良い決算となり

一先ず、ほっ!とした心境で

株主総会に臨むことが出来ました。

 

 

無論、この決算は社員全員の経営改善努力と、

お客様の支持が頂けてこその結果である。

 

 

問題は、今期!!

 

成長し続けなければならない。

 

 

身の引き締まる思いである。

 

 

 

会社経営は競技スポーツと違い、

単純に勝ち負けで計ることが難しい。

 

 

勝ったようで負けていたり

負けているようで勝っていたり、

しつこい守りと攻めが勝敗を分けるのではないかと思う。

 

 

現在の市場局面においては尚更である。

 

 

 

 

 

株主の皆さま。

 

昨日はご多忙の中、

株主総会にご出席くださり本当に有難うございました。

 

頂戴いたしましたご意見等は

積極的に経営に生かせて参ります。

 

 

大変厳しい環境下ではあるものの、

危機を機会に「夢と挑戦」の精神に則り

しつこく攻め、しつこく守っていきたいと考えております。

 

先日、

ある有名大学でシンポジウムがあり、

 

パネルディスカッションで

パネラーを務めさせて頂いた。

  

 

想像していた以上の大規模な国際シンポジウムで

海外からも大勢の参加者が来場されていた。

 

 

こんな大規模なシンポジウムとは

想定していなかったので、

 

壇上に上がって客席を見た瞬間、

 

もう真っ青・・・。

 

 

 

ゾアーっと血の気が引く音が聞こえたような・・・。

 

 

 

あまりの緊張にパネルディスカッションで

私は何をしゃべったのか?未だに記憶が戻らない。

 

 

 

げに恐ろしき・・・。

 

 

 

そして、

シンポジウム終了後はパーテイに参加。

 

 

 

 

周りから聞こえてくる会話は

 

英語! 

英語!! 

英語!!!

 

 

 

 

・・・当然、私は・・・。

 

 

貝のように寡黙な淑女に(^^;)

 

 

 

 

             

 

それは、

 

chato.jpg 借りてきたネコとも言うニャ~。

 

 

 

 

 

 

 

・・・ネコに言われたくない(@@;)

 

プロフィール

清岡 久幸(きよおか・くみ)

9月7日 高知県生まれ
うさぎ年 おとめ座

病気の為、高校を中退。父親の会社に入り、竹の研究を始める。その後父の会社の倒産、出産、離婚を乗り越え、02年、フードテックス設立(現・タケックス・ラボ)。
07年、日経ウーマン主催のウーマン・オブ・ザ・イヤー リーダー部門に入賞。