ふっと気が付くと・・・。

 

今日はオフィスの雰囲気が違う。

 

良く言えば「キビキビ」としている。

悪く言えば「しーん」としている。

 

ん?(・・?)何だ? 

今日は天気が悪いから?

 

オフィスを見回して気付いた。

 

今日は研究室のFさんが病欠していたらしい。

彼一人休んだだけでこんなに違うのか?

 

正直、「ちょっと静かにしろ~い!」と、

叫びたくなることはしばしばあった。

 

一方で彼の言っている事に聞き耳を立てると、

「なるほど!」と学ぶ事も多々ある。

 

会社とは、

様々な価値観や思考、

生活環境や人生経験などがそれぞれ異なる人々が

心を同じくし一致団結し、まさに「異体同心」となる場所。

 

そこには、

一人一人のスキルによる存在感も大きいが

キャラクターとしての存在感も大きい。

 

改めてオフィスのスタッフ一人一人を見つめると

心から愛しさを感じる。

タケックス・ラボの大切な礎たち。

 

みんな、ありがとう(^^)

 

Fさんも早く元気な顔を見せてね!

でも、もう少し声の音量が低くても良いよ~v(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

紅葉の季節。

 

本社ビル前の

イチョウの木も金色となり、

 

 

 

 

 

 

 

何故か?

 

息子の髪の毛も金色となり?

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・秋のせいか?

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・???

 

 

 

 

んじゃ~!!

 

~~!!

 

 

最近、

我が家の「お嬢さま」のお行儀が悪い!

 

と、母が言う。

 

 

 

「お行儀? 

何か盗み食いでもしたん?」と聞くと、

 

 

 

そうではなく、

 

「生活態度が悪い!」と言う。

  

 

「はあ??」と言いながら、

 

 

背後を振り返ると

噂のお嬢さまが転がっていた。

 

 

 

 

 

 

 

にゃ~ちゃん.jpg

 

いや、その格好はあかんやろ!!

女の子やし・・・

 

 

 

元カネボウの役員さんで、

 

私と顔を会わせると

他愛も無い事で真剣に喧嘩してしまう、

 

祖父のような存在である、

タケックス・ラボの株主さんが居ます。

 

 

 

 

私とは、まさに!

 

コブラとマングース。

 

 

 

 

この喧嘩が元気の源でもありました。

 

 

 

 

ところがこの1年程、

体調を崩されていて喧嘩になりません。

 

 

 

 

ねえ。

 

何時、喧嘩すんねん?

 

今度は負けんで!!

 

 

 

我が社には、

冬になると「スキークラブ」が出来る。

 

 

スキー命のT部長が結成しているようだ。

 

 

 

私も何度か誘われたが、

予定が合わず、まだ参加できていない。

 

 

 

偶然の事であるが、

毎回の誘いを「予定が入った」と言って、

断ってしまっていたので、

 

どうも彼らは、

私の事をウンチだから行きたくないんだ!

と思っているようだ。

 

 

 

 

ウンチとは、排泄物の事ではなく、

運動音痴の事ですよ。。。

 

念のために言っておきますが・・・。

 

 

 

 

実はウインタースポーツは

10年ほど前までは、

毎週のように行ったものだ。

 

 

 

スキーもボードも

上級コースを滑ったものである。

 

 

 

スキーやボードを始めた当初は、

もうしょっちゅうシリモチだったが・・・。

 

 

 

ゲレンデの小さな変化に

体が全然対応できなくて、すぐコケル。

 

 

もう体中アザだらけで、

打ち身、捻挫のデパート状態。

 

 

 

それが、

あるコツがつかめた時点で、

ゲレンデの小さな変化にも

自然に体が対応していくようになった。

 

 

 

そのコツとは何か?

 

 

 

常に

胸を山の斜面の谷側に

傾けていくというコツ。

 

 

 

力学的に考えれば、

体は谷側でなく

山側に傾けるほうが安全だと考えてしまう。

 

 

 

だから初心者のころは

体を後ろ方向に力を入れる。

 

 

 

いわゆる腰を引くという姿勢。

 

 

 

すると足に重心がかかってしまって、

足に力が入ってしまい、

ゲレンデの変化に柔軟に対応できなくなり、

コケまくる。

 

 

 

ところが

体を谷側に傾けることによって、

重心が上半身に変わる。

 

 

 

これによって

足に力がかからないので、

ゲレンデの小さな変化に

足が細かく柔軟に対応できるようになる。

 

 

 

また敢えて危険な方向に

体を傾けることによって、

人間の体は敏感に反応し、

全方向に神経をめぐらせアンテナを張る。

 

 

 

これによって

微妙な変化を察知した脳が瞬間に働き、

これに添って体が敏感に対応していく。

 

 

 

だからコケナイ。

シリモチもつかなくなる。

 

 

 

スピードが出ても

これを楽しむ余裕が生まれてくる。

 

 

 

 

これは、

人生つまり生き方にも

言えることではないか?と思う。

 

 

 

日々の生活で、

また、人生の岐路に立ったとき、

 

腰を引くのか?

敢えて谷側に体を傾け挑戦するのか?

 

 

 

ジョブズ氏の

「ハングリーであれ! 愚かであれ!」

という言葉が頭を過ぎった。

 

 

通勤路に

 

 

毎年、

華やかな香りを楽しませてくれる、

金木犀がある。

 

 

 

今年も

朝の清々しい空気にのって

華やかな香りを漂わせている。

 

 

金木犀.jpg 

 

そんな今朝、

金木犀の垣根を横切っていたら

幼稚園バスを待つ親子とすれ違った。

 

 

 

ほっぺにエクボの可愛い男の子が

金木犀を見上げながら

 

「消臭力~!!」

と、ミゲル君調で歌い出した。

 

 

 

いや?それは・・・。

 

 

 

自然の恵みに感謝の思考が、

 

何故か?

消臭剤のイメージに

バージョンチェンジした朝であった・・・。

 

 

 

「 二十歳 」

2011,10,23

 

21日で、

息子が二十歳になりました。

 

 

 

自分の子供が成人を迎える。

 

今までの誕生日には無かった、

 何だか複雑な感慨。

 

 

 

長いようで・・・。

 

気が付くと、

「あっ!!」という間に過ぎた20年。

 

 

 

 

まぁ一緒にお酒を飲むのは

とっくに!!しちゃているから、

 

特に今更お酒で乾杯でも無いけど・・。

 

 

 

 

昨夜はしっかりと

バースデイパーテイを催しました。

 

 


また、たまには二人で飲もうな。

 

 

 

 

 

【たまにここを覗きに来る君へ】

 

 これからは

 自分の行動に責任を持って

 悔いの無い人生を

 切り開いて行って下さい。

 

 母はいつも、

 あなたの母であることを

 誇らしく思っています。

 

 

研究室 主任研究員のFさんが、

 

新しい「液クロ」を買って欲しい!と、

申し出て来た。

 

 

藤田さん.jpg 

今使っている「液クロ」の

調子が悪いそうだ。

 

 

液クロって高額なんだよな~~。。。

 

 

 

 

「よしっ!!」 じゃなくって・・・。

 

 

 

 

 

 

その件は彼に相談してくれ~~!!

 

 

 

彼  ↓   ↓   ↓

 

辰さん.jpg

財務担当役員T氏

 

 

 

このボールは君に渡したよ~!!

 

 

 

 

では、

只今から台湾に出張である。

あとは宜しく!! 

 

 ばびゅ~ん

 

一昨日前までは外に一歩出ると

熱風がうねりながら覆い被さってくる感じでした。

 

車のボンネットで目玉焼き焼けそうなくらい暑い。。。

 

 

 

 

ところが一転、

昨日から涼しく快適。

 

 

こんな気候の変化を

私の体はしっかりとキャッチしていた模様。

 

連日の猛暑で食欲減退と不眠が続いていたのに、

昨晩からお腹が空くし、眠りは深い。

 

 

 

何か?今日は快調です。

 

 

 

昨夜、

猪名川花火大会に出かけていた息子が、

「鈴虫がリンリン鳴いてたよ」と

夏の終わりが近づいてきている事を教えてくれました。

 

 

 

息子は・・・デートだったらしい。。。

 

母としては(^^)興味津々なのに

話をはぐらかせて教えてくれない・・・。

気になる。気になる。。

 

 

 

 

さて、来週半ばから暫らく出張続きです。

体調を整えて頑張らねば!!ねば!!!

 

 

けっこう時間が経ってしまい、

タイムリーな内容ではありませんが・・・。

 

 

 

昨年末から今年にかけて、

 

公私共に、

重大な問題が怒涛のように次々と襲いかかり・・・。

その対応策を講じていくために

 

精神的にも肉体的にも

強烈なエネルギーを要しました。

 

 

 

「何故?こんなに次々と・・・。」と、

運まで呪ってしまいたい心境に陥っていました。

 

 

 

そんなクリスマスイブの日、

出張を終えて立ち寄った駅の書店で目にした本。

 

 

詩編について触れられた雑誌に

目が釘付けになりました。

 

 

詩編とは、

旧約聖書に収められた150編の詩を指します。

 

 

 

その一節を目にした時、全身を電流が走りました。

 

 

 

「わたしはあなたを目覚めさせ、

  行くべき道を教えよう。

 

 あなたの上に目を注ぎ勧めを与えよう。」

 

 

 

これはイエスキリストからの

クリスマスプレゼントだったのでしょうか?

 

 

 

大勢の行き来する店頭でありながら

涙が次々と溢れて止まりませんでした。

 

 

 

今、起こっている現象は全て意味のあること。

 

 

 

目の前の課題にしっかりと向き合い、

何故、これが起こったか?

どこに問題があったか?

行くべき道の方向がずれていなかったか?

 

気付き、反省し、方向修正を図る。

 

 

 

これは私のための試練。必要な時間。

 

 

であれば、

一歩も逃げず、全力前進。

 

 

 

勇気とやる気が漲ってきました。

 

 

 

今まで生きてきた中でも、最高の贈り物でした。

  

生涯忘れる事のできない

クリスマスプレゼントとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール

清岡 久幸(きよおか・くみ)

9月7日 高知県生まれ
うさぎ年 おとめ座

病気の為、高校を中退。父親の会社に入り、竹の研究を始める。その後父の会社の倒産、出産、離婚を乗り越え、02年、フードテックス設立(現・タケックス・ラボ)。
07年、日経ウーマン主催のウーマン・オブ・ザ・イヤー リーダー部門に入賞。