株式会社タケックス・ラボ
ノロウイルスの対策と対処方法

ノロウイルスの知識

ノロウイルスとは

人の小腸粘膜で増殖するウイルスです。従来は小型球形ウイルスと呼ばれていました。主に11月から3月にかけて胃腸炎を起こします。少量のウイルス(100個以下)でも発症し感染力のとても強いウイルスで保育園や高齢者施設など集団生活の場では、感染がひろがり集団発生を引き起こしやすいといえます。

症状

潜伏期間(感染から発症までの時間)は24~48時間で、主症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛であり、発熱は軽度(37~38℃くらい)です。

特長

ノロウイルスは乳幼児から高齢者に至る広い年齢層で急性胃腸炎を引き起こすウイルスです。この感染症は11月から3月の主に冬季に多発しますが、年間を通して患者はみられます。

●下痢だけではなく、嘔吐が多い
●消毒薬に対する抵抗性が強い
●一度かかっても何度も感染する事がある




ノロウイルスの感染経路


ノロウイルスの感染経路
(1)人から人への感染 ノロウイルス感染者の吐物・便の中にノロウイルスが含まれています。ウイルウスが手などについて口から感染する場合や吐物の飛沫から感染する場合があります。 (2)人から食品、そして食品から人への感染 食品取扱者の手を介してウイルスが食品につき、それを食べて感染することがあります。 (3)食品から人への感染 生や中心部の加熱が不十分なカキなど、二枚貝を生で食べることによって感染します。



ノロウイルスの発生状況

年月別事件数

ノロウイルス発生状況

年別患者数

平成14年

平成15年

平成16年

平成17年

平成18年

平成19年

平成20年

平成21年

平成22年

平成23年

事件数
(件)

268

278

277

274

499

344

303

288

399

296

患者数
(人)

7,961

10,603

12,537

8,727

27,616

18,520

11,618

10,874

13,904

8,619

死者数
(人)

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

引用:厚生労働省資料

ノロウイルスの対策

食材由来のノロウイルスを失活(殺菌)する

二枚貝(カキ、アサリ、シジミ等)はノロウイルスを蓄積していることがあるので、二枚貝の調理は、中心部が85℃~90℃で90秒以上になるように加熱して、ウイルスを確実に失活(殺菌)してください。



調理器具からの汚染を防止する

二枚貝の調理に使用した調理器具、シンク等は十分に洗浄し、熱湯(85℃)で1分以上加熱又は0.02%次亜塩素酸ナトリウムで消毒してから他の食品に使用します。調理が終わった後は、同じように消毒して乾燥後、衛生的に保管してください。

調理従事者から食品の汚染を防止する

食品の盛り付け作業時には、使い捨て手袋を使用してください。おう吐、下痢等の症状がある調理従事者は、食品に直接触れる作業は控えてください。調理従事者の手を介しての食中毒を防止するためには、手洗いが重要です。ノロウイルスは一般の食中毒細菌と異なり、逆性石けん、アルコールの消毒効果は十分ではないので、石けんでよくこすり洗いをした後、水で十分に洗い流し、ウイルスを落としてください。

二次汚染を防止する

●感染者の便、おう吐物には接触しない。接触した場合は十分な洗浄と消毒を行うこと。
●おう吐物や、ふん便で汚れた衣類等を片付けるときは、なるべくビニール手袋、マスクなどを用いましょう。
●おう吐物や、ふん便で汚れた衣類等は他の衣類とは分けて洗いましょう。
●おう吐物などを片付けた用具、雑巾類は、塩素系漂白剤でつけ置き洗いをしましょう。
●おう吐物などで汚れた床は、塩素系漂白剤を含ませた布で被い、しばらくそのまま放置して消毒しましょう。
●物の片づけが終わったら、よく手を洗い、うがいをしましょう。

引用:東京都福祉保健局

手洗いの方法

手洗いの方法


嘔吐物の処理方法

嘔吐物の処理方法

厨房機器及び対物の衛生管理

しっかりと洗剤で洗浄

十分な水で汚れを落とし、次に洗剤を付けて洗浄し、
もう一度十分に流水で洗います。
(物理的に細菌やウイルスを落とします。)
その後、熱湯や薄めた漂白剤で殺菌消毒をしましょう。


熱湯消毒

まな板、包丁、へら、食器、ふきん、タオルなどは、熱湯(85℃以上)で1分以上の加熱をしましょう。
熱湯をゆっくりかける、煮沸するなどの方法で殺菌消毒をしてください。




次亜塩素酸ナトリウム消毒

次亜塩素酸ナトリウム200ppmで殺菌消毒をしましょう。
①調理器具など:消毒液に10 分くらい漬け置きしてから流水で十分にすすぎます。
②調理台など:消毒液をたっぷりと染み込ませた布で拭き濡らした後、10 分くらいおいてから水ぶきをします。

アルコール消毒

まな板、包丁、へら、食器、ふきん、タオル、調理台などに直接噴霧してください。水に濡れていると効果が半減しますのでしっかりと乾かしてから使用してください。
(直径30cmに対して2プッシュ)




トイレの衛生管理の徹底

●トイレの清掃方法に留意しましょう
ノロウイルスに感染するとふん便中に大量のノロウイルスが排出されるため、トイレはノロウイルスに汚染される可能性が高い場所です。平常時から便器、ドアノブ、床は適宜、洗浄 ・ 消毒を行ってください。

【トイレ清掃の手順】
①トイレ専用のビニール手袋、マスク、エプロンを着用し、トイレ用洗剤等を使って洗浄後、水洗いします。
②塩素系消毒液 (0.02%次亜塩素酸ナトリウム)に浸した布などでふきます。
③ 10 分後に水ぶきします。



トイレからの感染をより防ぐ

①排便後極力接触しない

②非接触で液剤を自動噴霧

③手の接触部分をウェットワイパーで拭き取り